大阪でトイレと浴室のリフォームを最も重要視する訳とは

SITEMAP

renovation

PRESS RELEASE

白い家

2017年01月23日

浴室リフォーム大成功

昨年の夏に施工した、大阪の我が家の浴室リフォーム。初めてのリフォームで色々と心配はありましたが、今では施工して本当に良かったなと思っています。もともと、私の子ども(3歳)が転んだら危ないと、浴室の床のタイルを張り替える話から始まったのですが、そこから両親が高齢になった時を見据えて、もう少しバリ…

浴室リフォームを具体的に解説

大阪で浴室リフォームをお考えの方はたくさん居ると思います。
ただ浴室リフォームと言われても予算はいくら必要なのか、工期の日数はどの程度かかるのかはあまり具体的には分からない方もたくさんいてると思います。私も浴室リフォームについてはなんの知識も持っていませんでしたから一度自分の目でネットを利用して調べてみました。ある大阪の浴室リフォーム業者のHPにて戸建住宅の一角にあるお風呂のリフォームを写真や値段付きで詳しく解説されている大阪のHPありましたので、そこを例に下記へ解説していきます。
まず流れを簡潔に書いていきたいと思います。【下準備・解体作業(3日約15万)】→【基礎作り・コンクリート打設(1日・約6万)】→【ユニットバスの組み立て(1日・組み立て工賃85万程+ユニットバス代)】→【外回りの板金工事(2日約10万)】→【脱衣所など内装工事(3日約15万)】以上で浴室リフォームは完成になります。
全ての工賃を全て足し合わせると約100万円は超えてくる価格になります。さらに上記の金額にユニットバス代を含めますと120~180万は予算として考えておくと良いと思います。内装などこだわりを希望であればおおよそ200万円は予算として考えておくべきだと思います。勿論大阪の業者によって値段もピンキリですし工事の綺麗な仕上げなどは様々ですので色々と比較しじっくり検討するといいと思います。ざっくりですが以上です。

浴室リフォームでしてしまった失敗

浴室全面リフォームを行ったのですが、うちは大阪での浴室リフォーム業者にはお願いしないで、主人が張り切って自分でやると言ってかなりの歳月をかけて完成しました。ちなみに主人は建築とは無関係の会社員です。今となっては、浴室リフォームを大阪の業者に頼んだ方がコスト面も安く済んだような気がします。今回は、数年単位でのリフォームで失敗してしまった例を挙げます。
これから浴室リフォームを考えている方には参考になるかと思います。浴室リフォームするにあたって、夫婦の間で窓を設置するかどうかでもめました。私は、当然浴室に窓があるものだと考えていました。
ところが、主人の設計図に窓がありません。彼は浴室乾燥機があるから、窓は不要だというのです。光が入る明るい空間を思い描いていた私は驚きました。浴室に光が必要であることと浴室の広さを考えて、室内乾燥機だけでは不十分、一般的にどの戸建ての浴室にも窓があること、これらを説明して何とか説得することができました。
次に問題となったのは、浴室内の床の材質でした。主人はホテルの浴室のような感じにしたいらしくて、イタリアのタイルにしたいと譲りません。私は、大阪のショールームで見たカラリ床が忘れられず、お手入れがしやすそうだと提案しました。また、小さな子供がおり、滑って転んだ時の危険性も訴えました。
しかし、これは彼なりの理想があって聞き入れてもらえませんでした。タイルは、確かに見た目にはいいのですが、冬は冷たいし、転んだ時は大変です。小さい子供やお年寄りがいる家庭ではお勧めできません。

トイレ、浴室、キッチンのリフォーム

大阪の家は築40年中古物件で、この大阪の家の完璧なリフォームとして祖父母が90歳以上となり父も母も膝が弱くなり和式トイレは負担が大きいですから洋式トイレで楽にし、手摺りもつけて立ちやすくし、けがはさせないようにし、風呂の古い床のタイルは滑りやすいので風呂のタイルを新しくして床を滑らなくし、浴槽が深くて入りにくく出にくくそれを防ぐため風呂の浴槽を浅くし手摺りをつけました。
キッチンの水道管が古く弱いものでして、この古い水道管は鉛からできていまして汚れもありますし人が飲む水としての毒です。水がまずいのも塩素が関わり、塩素は水中のアンモニアと反応してカルキ臭となってしまいます。塩素で消毒することによって、雑菌やウイルスなどを取り除いて、安全で安心できる水道水を確保できていますが、水道水の浄水場で塩素殺菌を行う時に発生する物質で、トリハロメタンという物質を生み出しまして、特に発がん性があるということで危険視されています。
トリハロメタンは、発がん性物質というだけでなく、体内に入ると中枢神経や腎臓、肝臓といった他の器官にも影響を与えていってしまいます。他にもアトピーや喘息の悪化、集中力の低下や疲労感、流産の危険性も高くなってしまっています。大阪で飲む水として体に悪いからキッチンの水道管が古く弱いものから強く新しいものにすることにしました。


トイレや浴室、キッチンなどをきれいにしたい、そんなときに大阪ではリフォーム業者が重宝されています。大阪のリフォーム業者はお手頃な予算で依頼できるのが人気の理由となっています。あなたも家の一部をリフォームしたいといったときは大阪のリフォーム業者に相談してみるといいでしょう。きっとあなたの予算内で素晴らしいリフォームを行ってくれますよ。

TREND NEWS

TOP